日本工学院専門学校

その情熱、実現させよう。



学校長ブログ

ご来場ありがとうございました。- かまた祭・紅華祭

2011年10月31日 ご来場ありがとうございました。- かまた祭・紅華祭

かまた祭1
















 10月29日(土)・30日(日)の日程で開催されました「第46回かまた祭」、10月9日(土)・10日(日)の「紅華祭」は天候にも恵まれ、ほんとうに多くのみなさまにご来場をいただき、誠にありがとうございました。今年は、3月11日の東日本を襲った大地震が発生し、各キャンパスに被害こそなかったものの計画停電等により、授業期間の変更など、学業に影響が出ましたが、こうして学生・教職員全員が一致団結して、素晴らしい学園祭が開催できたことを嬉しく思います。学園祭実行委員会のみなさん、お疲れさまでした。また校友会(卒業生)をはじめ、近隣住民のみなさま、関係団体のみなさまのご協力にたいし、心より感謝申し上げます。
 今年の学園祭では、学園全体で行っております「被災地に漁船を贈ろう!募金」を実施している関係から、両校で東北地方の海の特産物、つみれ汁、さんまの塩焼きなどの販売を行いました。非常に大盛況で、ほとんどが売り切れてしまいました。ご協力をいただきありがとうございました。売上金の一部は、「被災地に漁船を贈ろう!募金」に寄付させていただきます。新蒲田キャンパス初となる屋外での、かまた祭開会式では、同じ大田区蒲田にある「東京実業高校」マーチングバンド部の素晴らしい演奏と先導によって、清々しい秋の晴天下すばらしいオープンイングを飾ることができました。

2 3
4 20
9 10
7 8
かまた祭実行委員会2011

第46回 かまた祭実行委員会学生のみなさん テーマ:絆〜心を一つに〜


【校友会首都圏支部総会・懇談会開催】

 10月29日(土) かまた祭で、日本工学院卒業生で組織する校友会の首都圏支部総会と懇談会を同時開催いたしました。震災があった東北地方には、多くの卒業生がおり、家屋を津波に流されるなど、被災された方もいらっしゃいます。全国の校友会の方々が、心を一つにして、被災地復興のために、本学園の募金活動に協力していただいたことに感謝申し上げるとともに、被災地の漁業関係者や卒業生からも感謝の声を伺っております。かまた祭を通して、学生と卒業生の交流がさらに深まり、日本工学院の伝統が受け継がれ、校友会と本学園がさらに発展していくことを願っております。かまた祭でひさしぶりに再会する恩師との語らいは、実に良いものですね。また明日からの活力となります。来年のかまた祭には、さらに多くの卒業生のみなさまにご参加いただければと思います。

校友会
13 14
15 17


校友会 (日本工学院専門学校) 公式サイト

n-09448085 at 18:37 | この記事のURL | | |