日本工学院専門学校

その情熱、実現させよう。



学校長ブログ

内閣府より感謝状 - 日本工学院ミュージックカレッジ

2012年02月18日 内閣府より感謝状 - 日本工学院ミュージックカレッジ

7
 専門学校日本工学院が設置する日本工学院ミュージックカレッジでは、ミュージシャンや音楽家、音楽業界に関わるスタッフを広く育成しています。そもそも音楽は、人を楽しませたり、幸せにしたり、勇気づけたり、仲間意識を高めたりしてくれます。我々人間にとって、なくてはならないものですね。昨年起きた東日本大震災では、内外の多くミュージシャンたちが、音楽で被災者の心を癒したり、励ましてくれたりと、音楽が持つ力やその本当の価値を再認識させてくれたように思います。
 日本工学院ミュージックカレッジでは、現代の高度な音楽技術・音楽ビジネスを修得するのはもちろんですが、そんな「音楽が好き」「音楽で人を幸せにする」という音楽の根本である魂を熱く燃やす「炎魂」という学生独自の組織を結成し、音楽で地域社会を支援する活動を行っています。その活動は小さな支援にすぎませんが、地域行政や福祉、教育機関、企業、国連など「産・官・学」へと広がっています。
 昨年、内閣府の要請にもとづいて、内閣府が主催する「犯罪被害者週間」国民のつどい中央大会事業において、日本工学院ミュージックカレッジ ミュージック・アーティスト科の学生たちが「炎魂」の一環として、同大会を歌で支援。一青窈さんの「ハナミズキ」など数曲を合唱。この合唱が、ご来場のお客さまの心をなごませ、この大会のおおきな一助になったとのことで、この度内閣府より感謝状をいただきました。学生たちもこの感謝状には驚いた様子で、地道な支援活動を続けるなかで、内閣府より感謝の気持ちをいただいたことは、活動してきた学生たちには励みとなり、これからの支援活動に力が入ることでしょう。
1 2
4 6
交流を通して多くの若者たちが、内閣府が推進する共生社会政策に興味を持っていただければと思います。
内閣府 共生社会政策ホームページ

n-09448085 at 18:50 | この記事のURL | | |