日本工学院専門学校

その情熱、実現させよう。



学校長ブログ

金環日食観測会開催 – 日本工学院専門学校(蒲田校)

2012年05月21日 金環日食観測会開催 – 日本工学院専門学校(蒲田校)

国内では25年、ここ日本工学院がある東京では実に173年ぶりとなる金環日食が5月21日早朝に観測できることから、日本工学院専門学校では、金環日食観測会を開催。3号館12Fにあるスカイラウンジを学生に開放し、学生・教師といっしょに、金環日食を観賞いたしました。当日は曇りながらも、時より太陽が顔を出す天候。午前7時ごろから蒲田周辺が薄暗くなりはじめ、空気も若干冷ややかに。金環となる7時30分頃、ちょうど雲間から金環となった太陽が顔を覗かせました。下の画像が、その時撮影した東京都大田区西蒲田にある日本工学院から観た、金環日食の画像です。数十分間の天体ショーでしたが、ドラマチックでしたね。次回、東京で観測できるのは、300年後ということで、その時代の東京や世界はどうなっているのでしょう。遠き未来や過去に想いを馳せるのもロマンがあって良いものですね。300年後も平和な時代であって欲しいと、金環日食に願いを込めました。みなさんは、どうでしたか?
日食3
東京都大田区西蒲田から観る金環日食です。太陽の左下から、月が重なってきます。辺りは、少しづつ暗くなって行きます。
日食1
太陽と月が重なったとき、金環色に輝きます。
日食2
厚い雲間から見える日食。偶然オレンジ色に輝いて見えます。
日食7日食5
日食4日食6
3号館12Fスカイガーデンで観測する学生たち。辺りが夕暮れ時のように暗くなっています。本校のセントラルプラザにも、近隣の住民が集まり日食観測を楽しんでいました。次に東京で観測できるのは、300年後だそうです。

n-09448085 at 22:8 | この記事のURL | | |