日本工学院専門学校

その情熱、実現させよう。



学校長ブログ

ものづくりの現場見学 - 東京 大田区 武蔵新田

2014年02月06日 ものづくりの現場見学 - 東京 大田区 武蔵新田

武蔵新田駅先日、「多摩川七福神キャラクターデザインコンテスト」の授賞式で訪れました、東急多摩川線「武蔵新田」駅に再び訪れました。今回の目的は、ものづくりの街で有名な大田区。その中でも「武蔵新田」、「下丸子」を中心とした企業の集まり「工和会協同組合」の会社、工場見学を通して、「ものづくり現場」の視察、情報交換をさせて頂きました。

まず訪問させていただきましたのは、「新妻精機株式会社」です。CAD(キャド/コンピュータ支援設計)、CAM(キャム/コンピュータ支援製造)から、5軸制御マシニングセンタなどの最新設備で、開発試作や小ロットの機構部品や外装部品など世界にひとつしかない品物など技術力の高さと総合力を見させていただきました。

5 6
9 10

次は、グループ会社の「株式会社ニイヅマックス」を見学させて頂きました。20年前の卒業生が元気に活躍しており、大変嬉しい気持ちになりました。
そして、最後に工和会協同組合 理事長を務められております「宮城精工株式会社」を見学させて頂きました。創業以来、一貫して得意とされている金属の研削加工。円筒研削盤(高速回転する砥石で円筒状の金属の表面を1000分の1単位で削り取っていく機械)、平面研削盤(金属の表面を1000分の1単位で削り取っていく機械)など各種の研削機械を取り揃え、「サブミクロン(1万分の1ミリ。1ミクロンの10分の1。) の領域を要求される加工をされておりました。

1 2
3 4

三者三様でそれぞれ、特長、強み、独自性があることを知りました。今回の視察で、共通して感じたこともあります。それは「ものづくり」へかける情熱、こだわり、そして、日本人ならではの気配り、おもてなし等を感じました。「ものづくり」に終わりはなく、ロマンとやりがい、楽しさを感じました。

2月15日(土)「工和会協同組合」を中心にした「おおたオープンファクトリー」が、武蔵新田駅、下丸子駅周辺で開催されます。本校の学生、教員も参加させて頂きます。ものづくりに興味がある方、ぜひ、工場見学をはじめ様々な企画が予定されております。よろしければ、ぜひ、ご参加ください。

新妻精機株式会社
株式会社ニイヅマックス
宮城精工株式会社
工和会協同組合
おおたオープンファクトリー

n-09448085 at 17:22 | この記事のURL | | |