日本工学院専門学校

その情熱、実現させよう。



学校長ブログ

みんなを笑顔にする「しくみ」をデザインする。

2014年10月01日 みんなを笑顔にする「しくみ」をデザインする。

デザインカレッジ特別講義 - 日本工学院専門学校(蒲田校)
しくみデザイン2
 ITの発達によって、デザインの世界も大きく変わろうとしています。従来のポスターなどの一方的な広告メディアに加え、消費者・視聴者も広告に参加できる双方向型のインタラクティブメディア(デジタルサイネージ)が広がりを見せています。日本工学院デザインカレッジでは、従来のデザイン教育に加え、ITやゲームなどインタラクティブメディアに対応したさまざまな教育を行っています。
今回は、そんなインタラクティブメディア(デジタルサイネージ)を広告に取り入れ、みんなが笑顔にする「しくみ」をデザインすることで、いま国内の企業やメディアに注目されている株式会社しくみデザイン 代表取締役社長 中村俊介氏(本校 Webクリエイター科特別講師)をお迎えし、特別講義を開催いたしました。
講義では、「みんなを笑顔にするしくみをデザインする」とはどういうことなのか? Interaction、Visual、Soundの3要素をIT技術で融合させ、消費者が、楽しさを体感できる「体感コンテンツ」を創ることを、実際の作品を楽しみながら講義を行いました。視覚伝達の領域を超えた新しいデザイン・コミュニケーションの概念に学生たちも「笑顔」で学ぶ一日となりました。
しくみデザイン
米Intel社主催の「Intel® Perceptual Computing Challenge」においてグランプリを獲得した「KAGURA for PerC」を実演する中村俊介先生。企業用の販売促進はもちろん、SMAPのコンサートやプロ野球、展示会など、さまざまな場所で、しくみデザインが使われています。
しくみデザイン4
中村俊介先生指導のもと、しくみデザインを体験する学生。興味津々です。
しくみデザイン3
試してみると学生10人が10人笑顔になります。
しくみデザイン4
そして、観ている学生たちも笑顔になれます。笑顔になれる理由は、しくみデザインのホームページで。

SHIKUMI DESIGN Offical Web Site

n-09448085 at 20:32 | この記事のURL | | |